PHP7の型宣言

引数と返り値に対して型宣言が可能。

<?php  
declare(strict_types=1); // 厳密な型チェックを有効にする  

/**  
 * 型宣言のある関数定義  
 *  
 * @param array $a  
 * @param callable $c  
 * @param boolean $b  
 * @param float $f  
 * @param int $i  
 * @param string $s  
 *   
 * @return string|null  
 */  
function f(array $a, callable $c, boolean $b, float, $f, int $i, string $s): ?string  
{  
    return  
}  

引数は array $a のように引数名の前に型名を記述
返り値は function f(): void のように関数名()の後にコロンと型名を記述

厳密な型チェックで TypeError 例外をスローしたい場合は、
コードの先頭に declare(strict_types=1); を記述する。

PHP7.1 からは返り値の型に void と nullable を指定できる。
nullableを指定する場合は、任意の型名の前に ? を記述する。